小学校、中学校、高校向けに「楽しく学べる」各種教材・学習支援システムの制作・販売を行っております。
現在位置ホーム > 実践報告 > 記事詳細

実践報告

2012年

小学校の先生方からのメッセージ

子どもたちの習熟度に応じて、いろいろなプリントに取り組めるので、どの子も意欲的に取り組めた。レベルを変えることができるので、個別指導にも有効だった。

内容が基礎から応用(活用)まであるので、プリントに抵抗のある子も次第に意欲的になったり、自信がつくようになって、繰り返しプリント(iプリ)を求めるようになった。

パソコン室内の大型テレビを活用することによって視覚に訴えながら学習を進めることができ、理解がよく進んだ(マルチメディア教材)

 

習熟を目的とした練習プリントは、児童ひとりひとりの習熟度に合わせるようにしている。児童の習熟度に合わせて練習プリントを用意することで子どもたちの習熟がよくなっている。少し難しい問題が用意できるので、成績上位郡の児童があきる感じがない。

 

マルチメ解説は子どもたちが意欲をもって見るので、学習に集中している。また、単元ごとに整理されているので、自作やネットで探す必要がなく、教材研究の時間を短縮できる。iプリも教科書に対応し、丁寧に作られているので形成的評価としても、授業のまとめとしても使える。

 

小学校の子どもたちからのメッセージ

マルチメ解説がよく分かる。

プリントを自分の力でできる。

映像で教えてくれるから、分かりやすいし、楽しくできた。

解説がついていて、分かりやすいので問題が解きやすい。

マルチメ解説をしてくれるので、分からないところが分かるようになった。

マルチメ解説が楽しい。

前のページに戻るページの先頭へ戻る